オペ室と衛生管理 operation and health supervision

衛生管理

衛生管理当院では、インプラントや外科手術時に使用するインプラント外科用完全滅菌パック(サージカルドレープキット)をオーダーメイドでセット化しました。

滅菌された袋を開けて中身を取り出し、袋に入っているすべての物をセットするだけで、容易に簡単な手術の清潔域が準備できるシステムです。
この方法の確立によって時間的にもコスト的にも無駄のない治療が行なえるようになりました。

テレビの医療ドラマなどで手術のシーンがよく映し出されますが、歯科においても外科処置などの手術は例外ではありません。

当院も同様に清潔な状況の中でだけ、インプラント手術を行なっております。

繰り返しになりますが、インプラントは外科処置ですので、感染しないように清潔な環境の手術室で行なう必要性があります。
しかし残念なことに、手術室がない一般の診療チェアでインプラント手術を行っている歯科医院がまだまだ多く存在しているのが実情です。

インプラント治療を受けられる際には専用手術室ではなくても、滅菌環境や清潔に配慮していれば問題はないのですが、今まで通常に歯を削っていた場所で、滅菌管理もせず隣では普通に診療しているような環境でのオペは好ましくありません。患者様はできる限り、安全な手術が受けられますよう、いろんな医院で質問をしてみると良いかと思います。

最近では手術室を備えた歯科医院も増えてきていますが、オペ室があり、「'かつ'衛生的な体制が整っているのか」その医院が細かく注意をしているということが、『良い歯科医』選びのポイントになってきます。

オペ室

オペ室当院では通常の歯科診療スペースとは別に、インプラントオペ室を完備しています。
手術室内では完全に無菌化され、手術室内の気圧は陽圧に保たれ、ドアが開いても内部の空気が外部へ流れるような仕組みになっています。
空調や器具、すべてにいたるまで管理された手術室です。この設備を用意することによって、インプラントにともなう外科的処置を、完全に清潔な環境下で行なうことができるのです。

オペ室インプラント治療の場合、「再生医療分野」という言葉が示すとおり、おもに口腔外から口腔内へいろいろな材料を挿入し、人口の歯を入れていくことが主目的となります。そしてそれは、長期間機能させることが前提で行なわれるものです。
もちろん、殺菌されたものとはいっても、体内に半永久的におかれる異物を入れるわけですから、感染のリスクの原因となりかねない、ハードウェア面(設備)の問題は、できるかぎり徹底的にリスクを軽減することが必要不可欠と考えています。
一般的な歯科医院の診療室では、歯を削った粉塵が舞って、衛生的にも周りの患者様にも良くありません。
つまり一般の診療室のかたわらで、インプラント治療のオペを行なうことは、多くの問題・危険性を秘めているといえます。
清潔なエリアを保つことで感染防止対策はもちろんのこと、広い空間、オペ室専用のユニット、専用の機器を準備することにも大きなメリットがあります。
専用の設備を用意することにより、術者、アシスタントの動きにも無駄がなくなり、非常にストレスのかからない安全な治療が行なえます。

リカバリールーム

リカバリールーム治療やインプラント手術の後でお疲れの患者様にも配慮して、リカバリールームを完備しております。
義歯(入れ歯)の調整時間や麻酔が覚めるまでの間、こちらでごゆっくりお過ごしください。

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT CENTER GIFU. All Rights Reserved.