治療を終えられた方のメンテナンス maintenance

インプラントのメンテナンスについて

インプラントのメンテナンスについてインプラント治療は埋入(手術)して終わりではありません。
快適な生活を続けるためには、
定期的なメンテナンスが必要になってきます。

インプラントは半永久的に機能すると一般的に言われていますが、これはしっかりとメンテナンスを行なっていた場合です。
インプラントは虫歯にならないといっても、インプラントにも歯槽膿漏によく似た病気が存在するのです(後述します)

メンテナンスにはセルフメンテナンスと、歯科で行なうメンテナンスがあります。

セルフメンテナンスセルフメンテナンス
自分で行なうメンテナンスはブラッシングです。
治療後は歯科衛生士から日頃のケアの方法を説明させますので、教わった通りに毎日行なうことが重要です。

歯科医院でのメンテナンス歯科医院でのメンテナンス
年に数回の定期健診で、骨と人工歯根の様子や噛み合わせの検査を行ないます。
また、日頃自分では落としきれていない歯に付着したよごれや歯周ポケットにたまったよごれを落とします。
その際にも口内の状況に応じてブラッシングの再指導も行ないます。

インプラントの治療後のトラブルとは?

ネジがゆるむ
インプラントのネジは、少しずつゆるんでくることがあります。
少しのゆるみであっても、歯はぐらつきます。
気づいたらすぐに歯科で診てもらう必要があります。
もし歯が外れてしまっても、歯科で調整することによって、また使えるようになるケースが多いです。

歯が欠けることも…
インプラントの歯の部分はセラミックを使用することが多いのですが欠けたり、割れたりすることもあります。
欠けた部分の大小によって、磨くといった方法で補修できる場合もあれば、付け替えなくてはならないケースもあります。
歯が欠けた際には、噛み合わせが原因の場合もあるので、定期健診を必ず受けて、違和感がある場合にはすぐに受診することが大切です。

インプラントの歯周病になってしまう
インプラントにも歯周病のような病気があります。
この病気は『インプラント周囲炎』といい、人工歯表面や歯周ポケットの汚れをそのままにしておくことで発病します。
症状が軽いうちは治療が可能ですが、病状が進行してしまった場合には、最悪インプラントを取り外さなければならなくなってしまいます。

インプラント周囲炎の症状について

  • ●インプラント周辺の歯茎が腫れてくる
  • ●歯茎から出血がある
  • ●歯茎から膿が出る

インプラント周囲炎の症状について上記のような症状が起き、インプラントを埋め込んでいる骨を吸収してしまいます。
インプラントには神経がないため、初期症状に気づきにくく、気づく頃には悪化してしまっているケースも少なくありません。

症状がさらに悪化してくると、インプラント自体がぐらついてしまい、痛みを伴う場合もあります。
進行の段階によって治療法が違いますが、抗菌剤の使用や外科手術を行なう場合もあります。
繰り返しになりますが、最悪のケースはインプラントを外さなくてはなりませんので注意してください。

インプラント周囲炎の予防策は、定期的に健診を受けることと毎日のブラッシングです。
また、早期発見も重要ですので、異常に気づいたらすぐに歯科を受診するようにしましょう。

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT CENTER GIFU. All Rights Reserved.