歯科用CT CT

歯科用CT

歯科用CT歯科用CTスキャンのメリットは、通常のレントゲン写真と
違って3次元での解析ができるため、より正確に精密な
診断が可能
になります。
また、院内にCTスキャンがあることで、
撮影⇒解析⇒診断が迅速になり、患者様の負担とドクターの初期診断のスピードが速くなり、治療をより円滑に
行なえます。
さらに歯科用CTスキャンは、インプラント治療だけで
なく歯周病、根管治療、親知らずの抜歯、矯正歯科など、
多くの歯科治療において有効です。
より正確で精密な診断をするため、歯科用3次元CTスキャンは必要不可欠といえるでしょう。

まずインプラント治療を行なう際には、歯の状態や骨の位置、神経の位置など、あごの解剖学的構造を把握しておく必要があります。
従来のレントゲン撮影ですと、「お口の中」・「歯」という立体的なものを、あくまで平面的に見ることしかできませんでした。

お口の中の状態を立体的に把握できる歯科用CTの導入によって、歯の状態や歯槽骨(あごの骨)を、立体画像で確認でき、従来以上に精密な診断が可能になりました。
これによって、当院では的確な治療計画を患者さんにご提供できるのです。

ガイドシステム

えんどうインプラント矯正歯科クリニックでは、2つのガイドシステムを導入しております。
インプラント治療の症例よって、適切な計画、診断、調査をするために使い分けております。

GALILEOSシステム

ガイドシステムGALILEOSシステムでは、インプラント治療の際に重要な骨の状態、神経の位置、角度などが視覚的に認識出来ます。
また、検査結果が出るまでの 時間も大幅に短縮出来る様になりました。
もちろん、歯科用CTを導入していることで、検査から診断、治療まで、すべてえんどうインプラント矯正歯科クリニック内で行えます。

患者様は自身のレントゲン画像を確認しながらドクターの治療プランの説明を受けることが出来ます。
治療結果に関するミスマッチを防ぐことにも役立ちます。

当院が導入している上記、歯科用CT「ガリレオス」とCAD/CAMシステム「セレック」が、コラボレーションする画期的な最新インプラント治療システムです。

治療技術に最先端デジタルテクノロジーが融合します
より良いインプラント治療が提供できますので、患者様にとっても大きなメリットのある治療システムといえます。

当院が導入しているCEREC meets GALILEOS の長所は、手術前から理想的な手術後の完成形がイメージできる点と、その結果をフィードバックすることにより、理想通りのインプラント手術が行なえる点にあります。

オペを手際良くかつ精確に行なえますので、
患者様にとっても安心・安全なインプラント手術となります。
CEREC meets GALILEOS は、まさにデジタルテクノロジーを臨床応用した最新のインプラント治療なのです。
歯科用CT「ガリレオス」とCAD/CAMシステム「セレック」を活用したインプラントシステムプランニングの流れを紹介します。

「ガリレオス」と「セレック」を活用したインプラントシステムプランニングの流れ
  • step1患者様のお口の状態を正確に知るために、歯科用CTスキャン・ガリレオスで撮影します。
  • ▼
  • step2CTスキャンのデータは3D化され、診断システムによって、顎骨の中の神経や血管の位置(走行)、顎の骨の高さや厚みなど、あらゆる角度から精密に診断できます。
  • ▼
  • step3CAD/CAMセレックにてをもちいて光学印象(型採り)を行ない、得られた口腔内の情報をもとにシュミレーションソフトで上部構造物(人工歯)を設計します。
  • ▼
  • step4設計したセレックのデータを、ガリレオスのインプラントシュミレーションソフトに組み込みます。
  • ▼
  • step5セレックのデータがガリレオス上に移行します。
  • ▼
  • step6選択したインプラント体が画像に重なりました。これによって手術後の完成イメージができあがります。
  • ▼
  • step7以上のデータを、ドイツのボンにある手術用のサージカルステントを作製する工場にオーダーします。
  • ▼
  • step8オーダー通り工場にてデータに沿ったサージカルステントを加工します。
  • ▼
  • step9完成し、送られてきた手術用サージカルステントを使用し、インプラント手術を行ないます。

ノーベルガイド

〝インプラント治療を一貫してサポート出来る最新シュミレーションシステム〟

3Dシミュレーションソフトを使用して、治療計画から埋め入れまでの一連のインプラント治療をより安全で、正確にサポートするシステムです。
患者様のCTスキャンデータを基に作製するサージカルテンプレートを使用した手術は、より安全な外科治療を可能にし、患者様の負担を軽減します。

患者様にとって多くのメリットがございます。

1.デジタル精度で全ての診断・治療計画を作成出来る。
患者様のCTスキャンデータと3Dシミュレーションソフトを使用して、3次元的な骨量と骨質を確認しながら、インプラント埋入の位置・角度を決定し、同時に補綴物の設計を行うことが出来ます。
はじめから補綴物の設計を行うことで、機能性・審美性が向上された治療計画作成が可能となります。

2.サージカルテンプレートを使用したより安全な外科治療が可能になりました。
患者様のCTスキャンデータをもとに作製された「サージカルテンプレート」を使用したより安全な外科治療が可能になりました。
「サージカルテンプレート」にはあらかじめ設計どおりのインプラントの埋め入れ位置・角度などが正確に記録され、インプラントを埋め入れるためのドリリングを正確に導くことが出来ます。

3.その日のうちに仮歯の装着が可能になりました。
サージカルテンプレートを使用して、術前に精度の高い仮歯、または最終補綴物の作製が可能となりました。
事前に上部構造を作製することで、患者様にはその日のうちに新しい歯を提供出来る様になりました。

4.費用と時間の節約
即時負荷・即時荷重のコンセプトに基づいた「フラップレスインプラント術式」での手術となりますので、患者様は治療後すぐに仕事や普段の生活に戻ることが可能となりました。
インプラント治療にかかる費用と時間が従来と比べ、大幅に節約することが出来ます。

ノーベルガイドを使用したインプラントシステムプランニングの流れを紹介します。

ノーベルガイドを使用したインプラントシステムプランニングの流れ
  • step1シミュレーションソフトへ患者様情報を登録
  • ▼
  • step2ラジオグラフィックガイドの準備
  • ▼
  • step3CTスキャン撮影
  • ▼
  • step4シミュレーションソフトを使用したインプラント治療計画
  • ▼
  • step5サージカルテンプレートの注文
  • ▼
  • step6その日のうちに仮歯が入るインプラント埋め入れ手術

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT CENTER GIFU. All Rights Reserved.