骨造成 Bone

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎洞挙上術(サイナスリフト)上顎骨の内部には「上顎洞」と呼ばれる大きな空洞が存在します。
この空洞はさまざな要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。
さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくありません。
そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。
これが上顎洞底挙上術と呼ばわる術法です。

ソケットリフト

ソケットリフトサイナスリフト同様、歯槽骨が不充分な際に行なう
術法です。
サイナスリフトとの大きな違いは、サイナスリフトは
シュナイダー膜(上顎洞と歯槽骨の間の粘膜)を、
洞底部から剥離したうえで挙上して歯槽骨を確保します。
ソケットリフトは上顎洞のインプラントを埋込む穴の
奥に、将来、骨になる物質を入れ、少しずつ
シュナイダー膜を押し上げていき、それが完全に骨に
なるのを待ってインプラントを埋め込む、という点が
大きく異なります。

ソケットリフトという治療方法は、上顎洞粘膜(シュナイダー粘膜)の挙上量3mm 程度と言われており、応用範囲の少ない方法です。また、ある面では盲目的に行なう外科手技という要素もあり、うまくいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、骨補填材等が上顎洞内にもれていないかなど)実際に目視できないので、経験と技術を要する大変難しい治療方法といえます。

GBR

GBR骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作る
スペースを確保し、その中に骨のもとになるものを
詰めて、骨の再生を促す治療法です。
インプラントを埋め込むのに充分な骨の厚み、幅がない
場合、用いられるテクニックです。
インプラントを埋入するオペの前に、必要な骨を作って
しまう場合もあれば、オペ時に同時に行なうケースも
あります。

GBR法を行なうことで、今までインプラントを埋入する
ための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になるケースが増加しています。また、抜歯してすぐに行なうインプラントにも、この治療法が応用されています。

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT CENTER GIFU. All Rights Reserved.