インプラントをする前に before

インプラントをする前に

1本の歯を失ってしまうと、「全ての歯の噛み合わせ」や、ひいては「顎の位置」までがずれてしまいます。
そのずれた「噛み合わせ」・「顎の位置」を考慮せず、ただ抜けてしまった歯の部分にインプラントをいれてしまうと、単純に「噛む」という意味においては問題ないのですが、噛み合わせや顎の位置はずれたままですので、体調面にさまざまな弊害がもたらされます。
「頭痛」・「首痛」・「肩こり」・「疲れやすい」などは良くあるパターンといえるでしょう。
さらに、審美的な観点から考えますと、顔が左右非対称になったり、口元が年をとった印象になることもあります。

関節と筋肉と歯が揃って、「噛む機能」は成り立っています

人間の骨の中で、左右にまたがっているものは、唯一顎の骨だけです。
例えば、左の歯を失ったとき、左側だけでなく右側にも影響が生じるのは、この構造的な理由によります。
左の下の歯を失ったら、ずれてしまったあごや噛み合わせを元に戻したうえで、インプラントを入れることではじめて元通りの噛み合わせとなります。
その結果、上記したような、弊害は引き起こりにくくなります。

最適な噛み合わせをもたらす歯科治療
・顎の状態
・歯の状態
・口腔内筋肉の状態

噛み合わせや顎の位置がずれている患者様に良くある症状

抜けた位置に「歯」だけ入れても、関節や筋肉はきちんと働くことができません。
噛み合わせがあっていなかったり、顎の位置がずれていると以下のような症状に悩まされることがあります。

・噛むと顎や耳の前あたりが痛い
・頭が痛い・首が痛い・肩が痛い、疲れやすい
・噛む場所が定まらない
・片側の歯でしか噛めない
・口を開けるとあごがコキコキ・バキバキ鳴る
・良く噛めない
・口が開きにくい(手を広げ、口に対して垂直にして指が3本入るのが基準となります)
・口が開きすぎる(指が4本縦に入ってしまう)

噛み合わせがずれる要因

噛み合わせがずれる原因はひとつとは限りません。
いくつかの要素が複合的に絡み合ってずれてくる場合も少なくありません。
以下に、比較的ポピュラーと言われる「噛み合わせずれの原因」を列挙しました。
該当する項目がいくつあるか、自己診断してみてはいかがでしょう?

・歯を抜いて長期間放置していた
・長期間に渡って、入れ歯を使っていた
・子供の頃、または大人になってから矯正した経験がある
・複数の歯科医院で虫歯の治療など行ない、複数の歯科医院で被せ物を作った経験がある方
・顎関節をずらして、口を大きく開けるクセがある。
・片側ばかりで食物を噛むクセがある
・片側ばかりの横向きやうつ伏せで寝ていることが多い
・片則的な姿勢、ねじれの姿勢の状態を長く維持していること大井
・パソコンなどを仕事で使っており、下向きでいる時間が長い方
・ストレスによる噛み締め を自覚している
・噛み合わせが元々良くない
・顎を強くぶつけた経験がある
・顔の長さが左右で異なる
・親知らずが生えている

噛み合わせの検査(顎のずれの検査)

・口の開き方、動き方
・口の開く量
・痛みのあるカ所(筋肉)のチェック
CTスキャンによる顎関節の診査
・口の(口腔内)の型取りによる模型作製
・咬合器上での噛み合わせ検査

噛み合わせの乱れや、顎のずれなどがある患者様の場合は、顎関節周辺、咀嚼筋(咬筋)、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋などの、首の周囲の筋肉に痛み(緊張)が発生しているケースが多く見受けられます。
こういった際には、ソフトスプリントなどを使用して症状を緩和させることを狙います。

※ソフトスプリントとは
スプリント療法とはおもに夜間・口腔内に装着して使用します。
上下の歯の間にワンクッションおき、噛み合わせないことによって、緊張した筋肉のリラクゼーションを目的とします。
おもに咀嚼筋の弛緩をうながして下顎の安定を計ります。この治療方法の目指すところは顎関節の拡大となります。
患者様ごとに口腔内状況は異なりますので、歯形とCTスキャンによる結果から、患者さまに合わせたソフトスプリントを制作してから治療を進めていきます。

・ソフトスプリントと平行して行なうストレッチング
顎関節のストレッチ運動をご指導しますので、ご自宅などで定期的に行なってください。継続的な運動によって筋肉の緊張状態が大きく緩和されていきます。

・症状が好転したら、再度顎の位置の検査を実施します
ソフトスプリントの使用や適切なストレッチングにより、筋肉の緊張がゆるんできたら、顎を適切な位置に誘導しやすくなります。
この状態で、噛み合わせのずれと顎の位置などを再検査し、新たな(適切な)噛み合わせを作っていきます。正しい噛み合わせは、被せ物や詰め物などをもちいて、ミリ単位で調整していきます。
時には矯正治療が必要な場合もあります。

当院では、インプラント治療に先立って、必要に応じてさまざま検査を行ないます。
その際に、顎関節検査によって顎関節に問題が見つかった場合、症状が重い場合などは、上記の治療過程を経てから、インプラント治療を開始します。

当院の優位性とは

痛くない! 寝ている間にインプラント手術が終わります。
「オペは痛くないだろうか?」・「術後に腫れないだろうか?」患者様にすれば、そのようなことを想像するだけでも精神的な負荷(ストレス)になると思います。
当院では「麻酔専門医」である院長が、ごく軽い全身麻酔である「静脈内鎮静」を行ないますので、昼寝をしているような感覚のうちに、インプラントのオペを全て行なえるのです。
怖くありませんので、ストレスを感じることはありません。
特に入院の必要もなく、オペが終わったらすぐに帰宅することも可能です。
リカバリールームをご用意しておりますので、患者様の体調次第では、手術後ゆっくりお休みいただくこともできます。

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT CENTER GIFU. All Rights Reserved.