充実の最新設備 Facilities

インプラント専用オペ室

インプラント専用オペ室当院のインプラント専用オペ室は、完全個室となります。何故ならインプラント治療は、外科手術となるため、滅菌された状態のオペが望ましいからです。

インプラント手術は、上顎洞底(上の顎)を挙上し骨造成を行なったり、多くの血管や神経を避けてインプラント体を埋入するなどの 専門性の高い知識と技術を併せ持つ必要があります。
また、非常に繊細かつ精密な治療であるため、治療に取りかかる以前に、ドクターがインプラント手術だけに集中できる環境の整備が必須です。
そのために専用オペ室、外科用診療台、
無影灯(オペライト)、全身管理機器、全身麻酔などといった、外科手術に匹敵する最新設備を、当院では取り揃えています。

インプラント専用オペ室充実した環境によって、機能的で衛生的に処置を行ない、ひいては患者様の心身ストレスの負担を軽減した形で施術が行えますよう、常に心がけております。

歯科用CT

歯科用CTインプラント手術を希望される患者様には、施術を想定した歯科用CTを導入しております。
レントゲンの2次元画像ではわかりにくい顎の骨の立体的な構造を、この歯科用CTの3D画像で撮影、分析、最適なインプラントの埋入を設計します。
私たちドクターはもちろん、患者様にもご自分のお口と歯と歯槽骨の状態を、カウンセリングによってわかりやすく把握していただくことが可能となります。当院が使用しているCTは、医療用のCTより放射線被爆量の遥かに少ない、※シロナ社の歯科専用CT(ガリレオス)を導入しておりますので安心です。

シロナ社歯科専用CT(ガリレオス)※シロナ社歯科専用CT(ガリレオス)
ガリレオスとは、医療機器先進国ドイツで生まれた高機能な歯科専用CTスキャンです。
そもそもCTは、様々な角度からX線をあて、体を輪切りにした断面画像で見るための装置です。

虫歯治療などで行なうX線撮影(レントゲン)は、歯並びの様子を診たりするのには非常に役立ちますが、インプラント治療をより安全に行なうためには、顎骨の状態を正確に診査・診断することが非常に重要となります。ガリレオスの登場によって、3次元で顎骨の状態、骨の硬さや形、神経の位置まで正確に把握することが可能になりました。
また近年CTの被曝量が問題視されていますが、ガリレオスはそれを解決した低被爆CTとなっています。

セレックシステム

セレックシステムセレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、
コンピュータ制御によって歯の修復物を
設計・製作するCAD/CAMシステムです。
コンピュータを使って修復物を作製するので、
歯型を取ることがありません。
最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)
し、患部の歯列をモニター上に再現します。
そのあとはコンピュータの3D画面上に
修復物を設計して、ミリングマシンがデータをもとに
作製します。

セレックシステム歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できますので、一般的な修復物よりも経済的です。
また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用していますので、耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

滅菌設備

滅菌設備インプラント治療は外科手術のため、患者様に安心・安全な処置を受けていただこうと、世界で最も厳格なヨーロッパ基準に合わせた感染管理を行なって、細菌やハウスダストの混入を防ぎ、感染症を防止しています。このために当院では、革新的な高機能型高圧蒸気滅菌器、洗浄消毒装置を導入しております。

心電図モニター

心電図モニター麻酔科を専攻した院長が、血圧・脈拍・心電図・SPO2値(動脈血酸素飽和度)などといったデータをモニターに表示し、全身状態をリアルタイムで把握しながら手術を進めていきます。 高血圧など全身的な疾患を有する方や高齢者にも安心で、 万が一患者様が急変するような変化が起きても迅速かつ適切な対応が可能です。

全身麻酔

全身麻酔全身麻酔とは、歯科治療も含む外科手術の場合、患者様への痛みをより抑えるように神経系を抑制する方法です。全国的に、歯科医院での全身麻酔治療はあまり知られておりませんが、大学病院など大きな施設では最新治療のひとつとして、患者様へ施術されています。
当院では、脳外科でも使用される「泉医科工業」製の麻酔管理機器を利用しています。
また院長が朝日大学歯学部総合医科学講座麻酔学分野を専攻しておりましたので、最善の安全を確保して治療を行なっています。

CGF

CGF患者様から採血した血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる「完全自己血液由来のフィブリンゲル」のことです。 添加物を用いない分、感染のリスクが低減されます。
採血した患者様の血液でフィブリンゲルを作製し、創傷治癒効果も6カ月から3カ月にまで促進させたり、人工の骨補填材の代わりに使用したり、骨を増やすための膜の代わりに使用したりしインプラント治療ができます。
最新のCGF再生医療による感染リスクの少ない最前線のインプラント治療がこれから期待できると思いました。

リカバリールーム

リカバリールーム麻酔後の全身管理をするために、患者様にご休憩していただく、専用リカバリールームを完備しております。手術後は、こちらでゆったりとしてお過ごし頂けます。インプラント手術は、手術中だけでなく、術前術後のケアも重要です。患者様が、より安心して、より快適な手術を受けていただくことを考えた結果、このようなリカバリールームとなりました。

ページトップへ

Copyright (C) ENDO IMPLANT CENTER GIFU. All Rights Reserved.